2010年05月20日

<トカゲ類>2割が絶滅の危機 気温上昇続けば(毎日新聞)

 このままの勢いで気温が上昇すると、今世紀後半にはイグアナやヤモリなどトカゲの仲間の2割が絶滅するとの試算を、米国やメキシコなどの研究チームがまとめた。変温動物のトカゲは、気温上昇を避けようと行動が制限され餌探しができなくなるのが理由という。生態系全体に深刻な影響を与える恐れがある。14日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 75〜95年にハリトカゲ48種が生息していたメキシコ国内の200カ所を調べた。その結果、気温上昇率が高い場所ほど生息数の減少が目立ち、約1割の24カ所で絶滅していたことが分かった。

 暑さを避けて高地に移動して絶滅を回避したトカゲもいるが、そこに生息していた別のトカゲを絶滅に追いやる現象も起きていた。

 また、繁殖期の3〜4月に気温上昇で行動が制限される時間が1日3.85時間を超えると絶滅しやすくなることが判明。高温時では涼しい場所に避難する時間が長くなる分、餌探しの時間が不足し、成長や繁殖に影響を及ぼすのが理由という。

 研究チームは今後各地で予測される気温上昇率から、2050年までに世界のトカゲの6%、80年までに20%がそれぞれ絶滅すると分析。「トカゲが食べる生物、食べられる生物は多い。地球温暖化は連鎖的に生態系に悪影響をもたらす」と警告している。【大場あい】

「子供殺したかった」殺人未遂容疑の女供述…大阪(読売新聞)
後発品大手2社、今年度予想は2ケタ台の増収・増益(医療介護CBニュース)
旬の食材に舌鼓…人気の懐石料理列車 千葉・小湊鉄道(産経新聞)
<CoCo壱番屋>シカ肉カレーを2店舗で提供 滋賀県内で駆除、地産地消(毎日新聞)
<事務・権限仕分け>21、24両日に開催 地方委譲へ(毎日新聞)
posted by フナツ ナオユキ at 02:32| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

赤字のニューズウィーク、売却検討(読売新聞)

 【ワシントン=本間圭一】米新聞大手ワシントン・ポスト社は5日、日本語版も発行されている傘下の米誌ニューズウィークの売却を検討していると発表した。

 広告収入の低迷などで業績が悪化、採算が取れないことに伴う措置という。インターネットの普及による米活字メディアの苦境が改めて浮き彫りとなった。

 同社によると、ニューズウィーク誌は1933年に創刊され、同社が61年に買収。国際問題でのスクープや鋭い分析記事で知られるが、景気悪化の影響もあり、2007〜09年に大きな赤字を計上、今年も収益改善のめどが立っていない。

<普天間移設>政府、5月決着断念へ…徳之島3町長拒否(毎日新聞)
民主「鳩山首相支える」=県内移設に社民反発(時事通信)
農業の島に基地いらない=鹿児島市でも反対集会、徳之島移設で5千人−普天間問題(時事通信)
高卒限定の介護雇用事業―北海道釧路市(医療介護CBニュース)
「議院内閣制変えるべき」 橋下知事(産経新聞)
posted by フナツ ナオユキ at 23:04| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

「与党大幹部に帰化子孫多い」 石原発言に福島党首猛反発(J-CASTニュース)

 外国人地方参政権を巡る石原慎太郎・東京都知事の発言に対し、社民党の福島瑞穂党首が反発している。発言は福島党首への名誉棄損で、撤回しないと法的手段に訴えることも検討するという。インターネット上では知事発言に対して賛否両論の声が上がっている。

 福島党首は2010年4月19日、国会内で記者会見を開いた。石原知事が、与党党首のなかに帰化した人がいる、という趣旨の発言をしたとの報道を受け、「私も私の両親も帰化した者ではありません」と否定した。その上で、「そのことを問題にすること自体、人種差別ではないかと考える」と訴えた。

■発言撤回なければ法的手段に訴えることも検討

 福島党首らは、永住外国人への地方参政権付与に賛成する立場をとっている。こうした議員らの活動の動機について、石原知事が、帰化した人の子孫が先祖へ配慮したためかどうか知らないが、という内容の発言をしたとされる点についても、福島党首は反論した。「(参政権付与は)自分の政治信条だ」「帰化したからという事実誤認に基づいて説明することは、政治信条を踏みにじるものだ」として石原知事へ発言の撤回を求めた。撤回しなければ、名誉棄損にあたるとして法的手段に訴えることも検討せざるを得ないという。

 石原知事の発言の舞台となったのは、10年4月17日、東京都千代田区大手町のホールであった「草の根の声で日本を変える! 4.17全国地方議員緊急決起集会」だ。外国人地方参政権付与などに反対する地方議員有志らの会で、会場手配などを担当した自民党本部事務局によると約450人の議員らが出席した。

 翌18日朝刊(東京最終版)で石原帰化発言を伝えたのは、全国紙を見る限り朝日新聞だけだった。見出しは「外国人参政権 『先祖への義理』 都知事、与党批判」。石原知事が、会場の中に帰化した人やその子供だという議員はいるかどうかと質問した上で、「『与党を形成しているいくつかの政党の党首とか、大幹部は多い』と話した」と報じた。また、「親などが帰化した与党幹部が多いとした上で、『ご先祖への義理立てか知らないが、日本の運命を左右する法律をまかり通そうとしている』と発言した」とも伝えている。

■批判と擁護の声

 また、「日テレNEWS24」の動画付きサイトは19日夕、福島党首の会見を伝えるニュースの中で、17日の石原知事の発言の一部の映像を流した。石原知事は「与党を形成しているいくつかの政党の党首とか、与党の大幹部ってのは、調べてみると多いんですな」と話している。同サイトの記事は「『(帰化した人の子孫が)多いんですな』と述べた」と説明している。参政権付与を推進する動機については、「帰化した人の子孫がご先祖の心情を忖度(そんたく)したのか知らないが」と知事が発言した、としている。

 この問題は、インターネット上でも話題になっている。グーグル(Google)のブログ検索を利用すると、数十以上の関連ブログを見つけることができる。ネット掲示板2ちゃんねるでも複数のスレッドが立った。石原知事の発言に対しては、「恥を知れ」「外国人参政権には反対だが同類と思われたくない」と批判する声がある一方で、「なぜ叩かれる必要があるのか」「かわいそう」と擁護する意見もある。


■関連記事
石原都知事「核融合が起こる」 与謝野「新党」で : 2010/04/04
外国人参政権法案提出へ 与党内に異論、波乱の可能性 : 2010/01/12
どうなる在日参政権 民主は公約見送りなのか : 2009/07/22
水揚げ12時間以内の新鮮な魚がネットで買える : 2010/04/19
ヤフー・トピックス「掲載必勝法」は存在しない : 2010/04/19

かば焼き縁遠く…シラスウナギ漁獲量激減(読売新聞)
理化学研究所の「お手盛り」? 年収600万「秘書」に妻も(J-CASTニュース)
派遣社員遺族の請求棄却=自殺、うつ病認定されず−仙台地裁(時事通信)
現役首長らが新党「日本創新党」を結成(読売新聞)
<織田信成選手>婚姻届を提出、「身の引き締まる思い」(毎日新聞)
posted by フナツ ナオユキ at 01:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。